一年生日記

一年生日記

お客様にしかられたこと、 お褒めいただいたこと、
失敗談や嬉しかったこと…

ライフステージ社員は
こんな気持で仕事をしています。

2016/12/12 年の瀬

CH物件のC.Y.です。

いよいよ十二月に入り、町のあちこちで年賀状が売られているのを見るとああ今年も終わるなぁとしみじみします。
今年はなんだか慌しい一年だったように思います。

そして、私も入社して半年が経とうとしています。
一年前にはこうしていることを想像もしていなかった私ですが、半年前の自分が描いていたような成長が今できているだろうか、と最近よく考えます。
いくつかの現場でお世話になり、また、研修で各講師の方にご指導をいただきながら過ごした半年でした。
よく、子どもの頃の一年と大人にとっての一年は時間の過ぎ方が違うと言いますが、私にとってこの半年は本当に早い半年でした。
目標を達成できず、反省も多くあります。

正直、最近は自分のできていなさに悔しい気持ちでいっぱいです。
ただだからといって、自分はできてないとぐちぐちしていても何にもならないので、じゃあ何ができていないのか、何をできるようにならなければいけないのかをひとつひとつ振り返りながら来年こそ、飛躍の年にしたいと思います。

ひとまず!
目の前の年明けの棟内モデルルームオープンに向け、一件でも多くのアポをとれるように明るく電話をかけようと思います!!!

2016/12/11 足りないと感じた点

営業職に就き3ヶ月が経過し、集客活動の傍らチラホラと接客の機会も持たせて頂くことができる様になってきました。
そんな中、普段業務以外で関り合いのなかったローン等についての知識不足を実感しました。

ローンについての勉強を始めるにあたって、初歩的な部分からわかっていないことに気づき、目下の目標として、2月にある住宅ローンアドバイザーの資格を取得することに定めました。
金融機関や商品の種類などによって細部が違ってくるため、資格の取得だけでは不十分であることは承知していますが、
基礎的な部分が理解できていないと先輩や上司、金融機関の方々に質問しても十分な理解が得られないと思います。

営業マンとして必要最低限の知識を得るためにも、目に見える成果として住宅ローンアドバイザーの資格取得を目指して精進していこうと思っています。
  このページのトップへ戻る